投資すべきはRipple(リップル)とStellar(ステラ)―ビットコインに代わる通貨1

OBSERVERに“The Race to Replace Bitcoinという記事がupされました。

ビットコインに代わる通貨として、リップルとステラが挙げられています。

かなり長いので少しずつご紹介します。

“天才と言われるジェド・マケーレブはRipple LabsとStellarの2つの仮想通貨の会社を作りました。彼は、半分神様と考えられているほどの‘サーファー-かっこいい奴-子供’コーダーです。しかし、彼の軌跡には倒産した会社、失意と法律問題の長い列があります。StripeやWells FargoがMt.Goxのような会社(仮想通貨の歴史で最も大きい詐欺)をつくった男に投資することが合法であるかどうかは、時間が教えてくれるでしょう。(Flickr Creative Commons)

未来のお金については壮大な戦いがあり、そして結果は不透明です。複数の勝者がいるかもしれないし、勝者がいないかもしれません。しかしひとつだけ明確なことがあります:この長い戦争で最も刺激的な戦いはサンフランシスコで起こっていて、町はRipple LabsとStellarのために十分に大きくはありません。そして、両通貨はビットコインだけでなくドルにも取って代わることを望んでいます。
電子マネー(仮想通貨)を作ることは、今世紀で最も重要な金融的発展である可能性があります。一方には、政府、不換紙幣と世界の銀行産業があります。他方には、才能のある暗号作成者、複雑なプログラミング、セキュリティプロトコル、そして様々な程度の反体制勢力によって支持される、何百もの若い会社があります。
米国政府、ヨーロッパ連合と、他の通貨を生み出している政府は、お金の制御を保つためにあらゆる手段を使用します。同様に、JPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループとウェルズ・ファーゴのような巨大銀行は、現状に強く投資します。この戦いの結果は、開発途上国の経済、金融サービスへのアクセス、インフレ、テロリズム、インサイダー取引から薬取引まであらゆる形の経済的犯罪、市民の金融取引をスパイする政府の能力、 徴税と政府と市民の関係における運命を決定します。”

Stellarやrippleなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4