投資すべきはRipple(リップル)とStellar(ステラ)―ビットコインに代わる通貨4

OBSERVERに“The Race to Replace Bitcoinという記事がupされました。

ビットコインに代わる通貨として、リップルとステラが挙げられています。

前回の続きです。

“マケーレブ氏はビットコインの可能性に引きつけられました、そして、彼には仮想通貨について大きなアイデアがありました。素晴らしいプログラマー(インタビューした40人のうち約75パーセントが“天才”という単語を使う)だったので、資産の伝統的な境界そして政府の支配の向こう側で分散型のP2Pネットワークが動くことについて、彼はたくさんのことを知っていました。
マケーレブ氏は、分散型通貨が成功するために取引所が必要であることを理解した最初の人物でした。 2010年7月に、彼はMt.Gox(ビットコイン交換所)をつくりました。Mt.Goxは、トレーディングカード交換(Magic the Gathering Online Exchange;)の頭字語でした:彼はすでにドメインを取得していました。彼の考えと行動は、仮想通貨の時代において、ビットコイン自体の発明より大きいとさえ言える、最初の大きなターニングポイントでした。
3年以内に、Mt.Goxは、ビットコイン処理の70パーセント以上を取り扱っていました。BTCは2013年の間に13ドルから900ドルまで急上昇し、1100ドル以上が取引されました。誰もがビットコインを知っていました。マケーレブ氏は、Netscapeがインターネットを発明したよりも少額しか、仮想通貨に投資しませんでした。Netscapeは、誰も使用していなかった数十年前のテクノロジーに、おなじみの顔をつけました。Mt.Goxでマケーレブ氏は、Bitcoinで蓄え、交換し、買うために、人々のためのおなじみの環境をつくりました。
Mt.Goxはビットコインを大衆化して、そして、ほとんどそれを破壊しました。2014年2月にMt.Goxは取引を停止、破産申請をして清算するところです。およそ4分の1がその後回復されたけれども、850000BTC(時価総額4億5000万ドル)がなくなり盗まれたと最初に発表しました。
マケーレブ氏は、アイデアとコーディング技術によって、2つの画期的な会社を開発しました。そして、結局、その両方が倒産しました。それから2011年に、彼には最も大きなインスピレーションがありました。彼は独自にビットコインの欠陥を理解して、それらの欠陥に免疫がある仮想通貨を作ることに決めました。採掘プロセスは多くの人々にとっては奇怪な抽象概念ですが、ビットコインはBTCの作成と制限のためにそれを必要としました。人々はホットドッグは好きですが、屠殺場の中を見たくはありません。同じことがデジタル通貨にも当てはまります。”

Stellarやrippleなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4