投資すべきはRipple(リップル)とStellar(ステラ)―ビットコインに代わる通貨7

OBSERVERに“The Race to Replace Bitcoinという記事がupされました。

ビットコインに代わる通貨として、リップルとステラが挙げられています。

前回の続きです。

“Unsimple Honey

マケーレブさんとキムさんは、ジェシー・パウエル(Ripple Labsそして現在はStellarの投資家)を通して出会いました。パウエルさんはオブザーバーの長いインタビューで、二人の愛をつないだのは自分であると話しました。
「実は、彼女が自分会社のためのお金を集めていたので、私は彼女をジェドに紹介しました。私はジェドを可能性がある投資家として紹介しました。それが彼らが互いを知り、デートし始めた経緯であると、私は思います。しかしそれ以前に、ジョイスと私は面識があったようなのです。」パウエルさんはキムさんの会社であるSimple Honeyに言及しています。それは彼女がエリック・ナカガワ(I Can Has Cheezburgerという、何千もの猫の画像を掲載したクチコミのユーモア・サイトを開始した人物)と始めた会社です。
マケーレブさんとキムさんはすぐにデートするようになりました。
SimpleHoneyがお金を集める必要があったことは、明らかでした。全開発チームをホノルルへ移し、2ヵ月の間家を借り、サーフィンしながら会議して、その合間に1日におよそ6時間働くことによって、同社は製品を開発しました。
SimpleHoneyは、eコマースの旅行会社として2012年5月から始まりました。メンバーは旅行の好みに関する詳細なプロフィールを記入します。そしてSimpleHoneyは彼らの個性に基づくホテルを推薦します。その収益モデルは、一回100ドルの会費を請求することでした。TechCrunch.comは、初め「現在に限って言えば、サンフランシスコ(同社が拠点を置く)、そしてハワイ(ナカガワの出身地で、チームが製品の最初のバージョンを造るために避難した場所)の、単なるホテルのリストである。また、ウェブサイト上ではまだ予約をすることはできず、代わりにホテルのウェブサイトをを表示するだけだ」と記述しました。
2013年1月までにSimpleHoneyは、iPhoneアプリ“I Want Wish List.”をベースとした、ある種のウィッシュリストに変化しました。その約束は、短命なウェブサイトIWantHoney.comによれば、「あなたが買いたいものの情報を知らせてください、そしてお金を節約してください!」ということでした。
eコマースでのRipple LabsとSimpleHoneyの間の道理に反した試みに戦略的な関係を見つけ出すことは、拡大解釈でした。それでも、マケーレブさんは、2013年4月にSimpleHoneyを買収するようRipple Labsを説得しました。キムさんのブログによると、彼女と彼女のパートナーは、「Bitcoinと他の仮想通貨が、どのように人々が使うのにより簡単でありえたかというアイデアを持ちました。すぐに、クリス(ラーシェン)とジェド(マケーレブ)(彼らは強く消費者に焦点を当てたチームを探していました)は、我々が彼らに加わり腕まくりをして、eコマースにあらゆる局面に面している消費者について根本の問題に取り組み始めることを提案しました。」”

Stellarやrippleなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4