投資すべきはRipple(リップル)とStellar(ステラ)―ビットコインに代わる通貨2

OBSERVERに“The Race to Replace Bitcoinという記事がupされました。

ビットコインに代わる通貨として、リップルとステラが挙げられています。

前回の続きです。

“一番知られている仮想通貨はビットコインです。ビットコインは2009年にサトシ・ナカモト(たぶん暗号作成者たちのグループの共同ペンネーム)によって作られました。ビットコインは大きい有利なスタートを持ち、すでに発達した重要なブランド資産を持っています。しかしファンの間では、ビットコインの弱点が致命的で修復できないという広いコンセンサスがあります。我々は、2つの大きな侵害をすでに見ました。現在まで最も大きいビットコイン被害は、ビットコインの有限供給のほぼ4パーセント(時価総額4億5000万ドル)がMt.Goxによって失われました。そして、ちょうど2週前、Bitstampはハッカーにしぶしぶ500万ドルを出しました。
Bitcoin 2.0は過去2,3年に始まった何百もの通貨の1つです。
本稿はリップルとステラの2つの仮想通貨に集中します。
彼らは、都市(サンフランシスコ)、創設者(ジェド・マケーレブ)と多くの悪い血を共有します。リップル(2011年創業)はこの業界ではベテランです。リップルの時価総額は12月中旬時点で5億2700万ドルで、それはBitcoinの36億ドルに次いで第二位です。(第三位は5000万ドルのLitecoin)。ステラ(2014年7月創業)は新顔の一つで、時価総額1700万ドルです。それは反体制のレトリック、注目度の高いアドバイザーとリップルから派生したということで、業界での注目と理にかなった信頼性を集めました。
リップルプロトコルを構築している会社は、Ripple Labsです(当初OpenCoinと呼ばれていました)。リップルの通貨単位はXRPです。ステラプロトコルを構築している会社は、ステラ財団です(当初はジェド・マケーレブの秘密のBitcoinプロジェクト)。ステラの通貨単位はSTRです。ビットコインの通貨単位はBTCです。ビットコインの遍在性のため、仮想通貨ビジネスは、「ビットコインビジネス」と時々呼ばれています。
StellarとRipple Labsの間の物語は、業界全体をかき乱している混乱の象徴です。それは、すべてを持ちます:
性、莫大なお金、詐欺、才能、裏切り、国際的な陰謀と政府への襲撃。オブザーバーは、仮想通貨間の、または、世界の政府と銀行の複合勢力に対しての衝突の結果を予測する立場にありません。しかし、オブザーバーはストーリーテリングの場所です。そして、ステラとリップルの物語は、若くて活気に満ちた仮想通貨産業で、そして、おそらくフィンテック業界で最高の物語です。”

Stellarやrippleなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4