‘仮想通貨ニュース’

米国初の政府公認ビットコイン取引所Coinbase Exchange開設

金融規制の厳しいアメリカで、ついに政府公認のビットコイン取引所Coinbase Exchangeが誕生しました。

続きを読む

新仮想通貨立ち上げ=マウントゴックス創設者-半月で口座数50万超に

新仮想通貨ステラの口座数が50万を超えたと言う事です。

下記の原文をご紹介いたします。

【ワシントン時事】仮想通貨「ビットコイン」の私設取引所「Mt.Gox(マウントゴックス)」の創設者が、新たな仮想通貨システムを立ち上げた。 新仮想通貨「ステラ」は円やドルなどの現実の通貨との親和性を重視し、送金や決済での利便性向上を図るという。7月末に運用を開始し、15日までに日米欧 など全世界の口座数は50万を超えた。

ステラ事業を立ち上げたジェド・マケーレブ氏は2009年にマウントゴックスを創設し、破綻3年前の11年に売却。ビットコイ ンの初期運営や米グーグルグループが出資する仮想通貨事業を主導したことでも知られる。今年2月に「新たな仮想通貨計画」に乗り出すと宣言し、金融界で話 題となっていた。(2014/08/16-08:49)

ここまで

やはり仮想通貨の大御所が動き出すと注目されますね。

マーケットも急激に3倍になっていましたので、注目度が伺えます。

StellarやBitcoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

リップルの管理画面がリニューアルしました。

リップルの管理画面がリニューアルしました。

さて、これにより、ログインが出来ない事態も発生していると言う事で、早急な確認をお薦めしております。

Rippleリニューアル

また、スマホAPP(アプリ)の方も著者自身もログインが出来ていない状況です。

以前よりRippleはベータ版が続いておりましたが、遂にここから本格的な管理画面になってきたという事かもしれません。

最近の値上がりも含めて、積極的にチャックしておかれる事をお薦めいたします。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

RippleはBitocoinの次に来る仮想通貨であるか?

RippleはBitocoinの次に来る仮想通貨であるか?

ディスカッションをご覧ください。
英語ですが下のコメントからも内容をくみ取る事が出来ます。

Rippleの勝っている点は多いですから、賛成派も多いのが現状です。

そのスピード、代用性の点では仮想通貨で最もすぐれています。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

仮想通貨ビットコインのニュース動画

ビットコインのニュースはNHKでも取り上げられましたね。
その動画をご紹介いたします。

仮想通貨の購入を希望される方はお問い合わせいただければと思います。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

toushi@fx-gold-stck.com

担当者 山口まで、遠慮なくご連絡ください。
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にtoushi@fx-gold-stock.comを受信拒否の設定解除をしてください。)

ブルームバーグがついにビットコインのデータ提供を始めました。

”Bloomberg Terminals Now Track Bitcoin Data From itBit”

見出しに強烈なインパクトがあります。

ブルームバーグがついにビットコインのデータ提供を始めたとの事です。

チャートが確認できると言う事はコモディティとしての大きな前進でしょう。

多くの投資家が参入する前に仮想通貨の基盤を作っておかれる事をお薦めいたします。

既に中国の投資家、アメリカの投資家がビットコインは普通に所有している時代ですので、遅れをとらない様にしなければなりませんね。

勿論、これはビットコインの商品としての価値を保証するものではないと付け加えられてはいますので、あくまで慎重な見解も示しています。

At the time Bloomberg emphasised that it was not endorsing or guaranteeing bitcoin, pointing out that the currency could be the biggest tech innovation since the internet, or just another crash-and-burn fad.

シード期というのは何事もりすくが伴いますので、是非、注意して頂く事が必要となります。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

toushi@fx-gold-stck.com

担当者 山口まで、遠慮なくご連絡ください。
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にtoushi@fx-gold-stock.comを受信拒否の設定解除をしてください。)

ビットコイン(Bitcoin)、自民党が普及を提言。

ビットコイン(Bitcoin)、自民党が普及を提言。ビットコインも盛り上がってきていますね。

ビットコイン(Bitcoin) 自民党

マイナビニュースより。

自民党がビットコインを有効活用すべきという提言をまとめたので、普及が起こりうるプラットフォームが揃った事になります。

従来の政府の見解はBitcoinは「モノ」であって「通貨」ではない。とする物でしたが、今回の提言によれば、Bitcoinは「価値記録」であると定義されています。

自民党、バーチャル通貨について良く分かっていますね。。

つまり、ビットコインとは、P2Pと言われるネット上の取引の連鎖記録の事を指すためです。

今回の提言をきっかけに仮想通貨が普及していくと良いですね。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

toushi@fx-gold-stck.com

担当者 山口まで、遠慮なくご連絡ください。
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にtoushi@fx-gold-stock.comを受信拒否の設定解除をしてください。)

Ripple Labsがアメリカ合衆国政府と対談しました。

Ripple Labsがアメリカ合衆国政府と対談しました。

先日のNewsですね。ご紹介させて頂きます。

原文はこちらでご確認ください。

Ripple Said to Have Started Talking To DC Lawmakers

※リップルラボがワシントンD.C.の規制当局に認証を呼びかけはじめました。

これにより、送金システムの革命が起ころうとしています。

ロビー活動が盛んになってきたので、いよいよXRPの有用性が各国政府に証明され始めてきているのが実情です。

明確なのは、一旦、P2Pのシステムが理解されたのであれば、次の通貨革命、送金革命の準備が整った事になる。

There is much at stake here. In a recent interview with Bank InnovationBain Capital Venture Analyst Matt Harris said that he thinks cross-border, peer-to-peer payments is an area where bitcoin and other virtual currencies can have the most immediate impact. He praised Ripple Labs for its platform, saying it had plenty of “potential.”

ベイン・キャピタル・ベンチャーのアナリストであるマット・ハリス もお墨付きという事である。

XRP、Bitocoinなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

mailto4

toushi@fx-gold-stck.com

担当者 山口まで、遠慮なくご連絡ください。
(※hotmailや携帯のメールを使われる方は、こちらからの返信が届かないことがあります。1日経っても返信が来ない場合、その旨、記載の上、再度ご連絡お願いします。また、ご相談の前にtoushi@fx-gold-stock.comを受信拒否の設定解除をしてください。)

マネーロンダリングにも対策されているリップルの仕組み

Rippleが銀行間のtransanction=送金などに使われる事が濃厚になるだろうとお話ししてきましたが、そもそも今回加盟したNACHAとはどういったものなのでしょうか?

NACHAはACH Networkのいわゆる監督所の様な期間を指しています。

そして、Automated Clearing House=ACH、これは米国内において特定のシステムに加入している銀行間で行われる資金決済方法の事を指します。

そして、今回の決定が決まった大きな理由の一つはというと・・下記の文面をご参照ください。

※coindeskより参照

Increasing compliance

Recent announcements and improvements reflect this stance. On 4th June, the company announced it was working to add features to its protocol that would empower gateways to freeze non-XRP balances they have marked for further investigation if they suspect related accounts have been hijacked or are engaging in suspicious behaviour.

要約)
コンプライアンスの強化

リップルラボが今回、発表したのは、ハックされたアカウントやマネーロンダリングなどの疑いのあるアカウントを更なる調査をするために凍結する権利をゲートウェイに与えたと言う事。

これによって、RippleがBitocoinよりも危険な活動を制御させる事が出来、優れている決済プロトコルであると言う事を示しているのである。
銀行間のやり取りを増やす上では大変重要な課題をクリアしつつある。

そこが今回のNACHA同意の大きなポイントとなります。

XRPなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

仮想通貨、銀行の仕組みが変わる可能性も。

Ripple(リップル)のNACHAへの参加に対しての解説をしていきたいと思います。

coindeskが取り上げた英文はこちらです。

Although Ripple Labs is a software company rather than a financial institution perse, it provides an open-source base platform “that resides at the bottom of the payment stack” for others to build upon.

和訳すると、

リップルラボは金融会社と言うよりソフトウェア会社であるが、支払い階層の基盤を支えているオープンソースを基盤としたプラットフォームである。

と言う事です。

以下の図を用いて解説されております。

Ripple_payment-stack

coindeskより参照

この仕組みが変われば、世界は確実に変わります。
従来の様な、膨大な為替手数料なども要らなくなるのです!

そこにRippleの未来があると言っても過言ではありません。

引き続き、Ripple LabやNACHAの動きをチェックしておく事が良いと思います。

XRPなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。

1 / 41234