”資産運用が出来なければ、突然億万長者になると破滅する?”

1億円持っていたが今では借金を抱えるほどになってしまったという方が結構多くいらっしゃいます。

1億円の価値というのは個人の価値観にもよりますが、 平均的な日本人の金銭感覚からすれば大きな金額でしょう。
1億円を持った時に、それをさらに大きく増やそうと考えますよね。

さらに大きく資産を増やしたいと思われる方は、とりあえず投資に走る方が多いでしょう。 投資はリスクが大きい分リターンも大きいですから。

例えば1億あったら5000万は貯金し、もう5000万は資産運用をするという計画を立てられる方が80~90%です。
多くの方が、その5000万の資産運用でさらに資産を倍にしたいとおっしゃいますが、 実際にはそんなに甘い事はなく、5000万の投資資金はほとんどなくなってしまいます。

なぜなら相場を知らないから。

まず大口資金で投資を始めた方で勝ち残っている方を私はほとんど知りません。
資産を守り、増やしていくためには相場からも学ぶことが必要だという事です。

よく宝くじを当たった人が資産を無くしてしまうという話を聞きますが、これはお金の使い方がわからないためです。
資産運用は増やすことだけを考えていてはダメです。

資産運用を勉強するという事は、増やす時に増やし、守るときに守る能力を身に付けるという事です。

リーマンショックのような大暴落に巻き込まれ、1億円が数か月で1000万しか無くなってしまったらどうしますか?
※これからの世界経済では十分にあり得ます。

情報弱者の個人投資家が、1000万円からまた1億円を築くのはインサイダーでもしない限り至難の業です。
どうか、これらのショックに巻き込まれる前に、対策を立ててください。

破滅する前に勉強して余計な授業料を払わないようにしましょう。