なぜ多くの個人投資家は「塩漬け株」を作ってしまうのか?

投資家が陥ってしまう最も多い失敗は、塩漬け株を持ってしまうことではないでしょうか?

塩漬け株を保有してしまう特徴は、以下の流れでしょう。


「将来の株価値上がり」を期待して株を買う

意に反して買った株の株価が下がる

それでも「持ち続けていれば上がるはず」と我慢して持ち続ける

その結果、さらに持ち株の株価が下がり、手も足も出なくなる

こうして何年も保有してしまうのが塩漬けです。

でも、考え方を変えてみれば、
含み損=損失が確定しているという状況には変わりませんよね?

そもそも、買いで入ってしまって予想に反して下げてしまった時には、
ずっと持っているには根拠が必要です。

上がると思っているから持っているんでしょう?

であれば、下げきったところでもう一度買えば良いんじゃないでしょうか。

そうした方が底に下がるまでの損失を回避することができます。

勝ち組投資家の手法を勉強して、勝ち組投資家になりましょう。