マネーロンダリングにも対策されているリップルの仕組み

Rippleが銀行間のtransanction=送金などに使われる事が濃厚になるだろうとお話ししてきましたが、そもそも今回加盟したNACHAとはどういったものなのでしょうか?

NACHAはACH Networkのいわゆる監督所の様な期間を指しています。

そして、Automated Clearing House=ACH、これは米国内において特定のシステムに加入している銀行間で行われる資金決済方法の事を指します。

そして、今回の決定が決まった大きな理由の一つはというと・・下記の文面をご参照ください。

※coindeskより参照

Increasing compliance

Recent announcements and improvements reflect this stance. On 4th June, the company announced it was working to add features to its protocol that would empower gateways to freeze non-XRP balances they have marked for further investigation if they suspect related accounts have been hijacked or are engaging in suspicious behaviour.

要約)
コンプライアンスの強化

リップルラボが今回、発表したのは、ハックされたアカウントやマネーロンダリングなどの疑いのあるアカウントを更なる調査をするために凍結する権利をゲートウェイに与えたと言う事。

これによって、RippleがBitocoinよりも危険な活動を制御させる事が出来、優れている決済プロトコルであると言う事を示しているのである。
銀行間のやり取りを増やす上では大変重要な課題をクリアしつつある。

そこが今回のNACHA同意の大きなポイントとなります。

XRPなどの仮想通貨の購入はこちらからどうぞ。

投資道場では仮想通貨を欲しいと言う方に日本円(JPY)またはドル($)またはユーロ(€)との交換でお譲りいたしますので希望される方は、是非お問い合わせください。