投資は社会貢献

投資は社会貢献です。
銀行が金融緩和するように、投資というのは企業にお金を預ける事で企業が事業を展開します。

僕は良い事か悪い事か僕は事業活動でも私生活でも借金はしないタイプなので理解ができませんが。。。
個人投資家であっても、やってることは銀行と同じですよね。
それはつまり、社会貢献に変わりはないのではないかと思います。

現に日本の経済の八割方は金融経済=マネー経済で動いていますし、
アメリカを中心とした大規模な金融緩和の流れからこれから数年間はマネー経済の役割というのは大きくなっていくと思われます。

マネー経済になってしまうという事は、同時にリスクがあるという事も言えます。
どうしてかというと、国債を大量に発行すれば、それは借金して借金を返すことにもなりかねるためです。

経済の本質から言えば、事業活動で借金は返すべきでしょう。
アメリカFRBのバーナンキ議長は金融緩和をガンガンするタイプだと思いますので、
今後のマネー経済はもっと膨らんでくると思います。アメリカのバランスシートも膨張の一途をたどります。

20世紀後半に起こったような世界恐慌がもう一度来ると予想している方もいらっしゃいます。
僕たちの個人の生活でもわかる通り、借金を返すためにまた借金を繰り返す人って典型的な自己破産する人ですよね。

経済の流れを知る事でもっと投資が面白くなってきます。

稼ぐことも大切ですけど、決してただのマネーゲームではないです。